ニキビサプリメントのおすすめランキング!これでニキビ撃退!!

ニキビサプリメントのおすすめランキング!
安心してニキビ改善しましょう!!

 

 

 

今、売れているおすすめニキビサプリメントはこちらです!

 

 

1、 きらりのおめぐ実

ニキビサプリとしては「きらりのおめぐ実」が良いです。洗顔などの肌ケアではどうにもならないようなニキビを、体内から改善してくれます。メイン成分は、ビフィズス菌の善玉菌であり、腸の中の状態を整えて、身体の内側からキレイしてニキビを和らげてくれます。

 

そして、善玉菌であるビフィズス菌を殖やすための自然のオリゴ糖、美肌作用のあるミネラルやクロレラのビタミンや、トウモロコシの食物繊維などが入っています。また、ブドウ由来のポリフェノール(マキベリー・レスベラトロー)、皮膚還元作用に秀でたくちなしの実などが豊富に入っています。さらに、各種ビタミンも入っています。単品価格は5400円ですが、定期コースならば3980円になります。

 

 

 

2、 緑の知恵

「緑の知恵」には、大豆イソフラボン、ビタミンB2、B6、ビタミンC、ビタミンE、頃レラ、テアニン、米由来セラミド、キウイ、北海道産のアスパラガスとシソなどが入っています。全て植物成分ですので安全性が高いと言われています。これらの成分が詰まっています。

 

用法用量を守って使用する事で、生じてしまっているニキビや、赤ニキビをきちんと和らげます。体内のバランスを安定させ、ニキビが生じにくい皮膚にし、保湿してニキビが再発しにくい皮膚にしてくれます。緑の知恵のメーカーは20年以上経営を続けており、サプリとしての信頼感も強いです。

 

3、 チョコラBB

チョコラBBプラス250錠【第3類医薬品】

 

2717円(変動する可能性があります)

 

 

チョコラBBはニキビ肌に効きます。まず、ビタミンB1が含まれており、糖質に関する代謝を上げ、エネルギー変換効率を高める作用があります。そして、活性型ビタミンB2が含まれており、健全な細胞を殖やす効果や、皮膚細胞の回復をサポートする効果があります。また、活性型ビタミンB2は、即効力や吸収力に優れた成分でもあります。そして、ビタミンB6が含まれており、この成分にはたんぱく質に関する代謝をサポートして、エネルギー返還の効率を高め、皮膚のターンオーバーを安定させる作用があります。

 

これらの成分が足りなくなるとニキビがエスカレートしたり生じたりしますので、食品から摂りたいですが、それも困難なので、チョコラBBで摂取してニキビ対策をしましょう。
加えて、生活習慣や肌ケアを見直す事でさらに効きやすくなります。

 

4、マルチビタミン

ビタミン類には、それぞれ色々な美肌作用があります。これらをまんべんなく取るには、別々に取るのではなく、マルチビタミンで摂取すると良いです。

 

マルチビタミンには、ビタミンB群(1、2、6)、C、D、E、それからβカロテンが含まれています。まず、βカロテンとビタミンB群には、粘膜と肌を保護して、肌を再生させる効果があります。そして、ビタミンCには秀でた抗酸化効果があります。そして、葉酸には血流を改善する効果があります。

 

そして、ビタミンCにはニキビ細胞の繁殖をブロックする効果があり、ビタミンEには抗酸化効果があり脂質の酸化をブロックしてくれます。これらの作用がトータルで発揮される事で、ニキビは徐々に治っていきます。特に食習慣に自信が無い人はマルチビタミンを摂取して、肌をはじめ、健康状態を良くしていってほしいと思います。

 

4、 マルチビタミン&ミネラル

ネイチャーメイド マルチビタミン&ミネラル 200錠

 

 

1936円(変動する場合があります)

 

 

 

ニキビをサプリメントで治すには、マルチビタミンに加えてミネラルも必須です。この「マルチビタミン&ミネラル」には、7種のミネラルと12種のビタミンがまんべんなく入っています。ですから、食習慣に自信が無い人に向いています。ニキビの防止・軽減に役立ちますので、しつこいニキビに悩んでいる方はぜひ試してみて下さい。

 

ちなみに、ミネラルは体内で作られないので、外部から摂取する必要があります。また、ビタミンをそれぞれ単一で摂ってもそれほど意味が無いそうなので、総合的に摂取できるこのサプリメントはとても効果的です。それでいて、比較的リーズナブルなのが魅力です。この価格帯ならば、サプリメントにおいて少なくとも継続使用するべきと言われている「1か月分のコスト」もかなり安くなるはずです。

 

マルチビタミン&ミネラルは米国では最も売れており、有名なサプリです。米国政府の厳格な管理下の商品なので、作用・服用・使用方法等、全てハッキリと明記されており安全です。

そもそもニキビの原因って何?

ニキビの原因は様々な要素があります。
・皮脂汚れ
・毛穴詰まり
・ストレス
・睡眠不足
・ホルモンバランスの乱れ

 

など、これらが代表的なニキビの原因と呼ばれています。

 

ストレス、睡眠不足などは生活週間の改善や睡眠薬、精神安定剤などによってのニキビ対策に
なりますが、まずは

 

皮脂汚れや

ニキビ治療に必要なサプリメントの成分量

ニキビをサプリメントで治すには、美容作用に優れた栄養素を摂る必要があります。オススメなのはビタミン類であり、美白作用や抗炎症効果や活性酸素を抑制する効果があります。ですから、ニキビを治す際には外せない成分であると言えます。ただし、ビタミンにも、ビタミンE、ビタミンB群、ビタミンC等、色々な種類があり性質も違うので、きちんと把握した上でサプリを買いましょう。

 

まず、ビタミンCには美肌効果があります。また、メラニンのブロックと抗炎症の作用もあるので、既に生じているニキビにも効きます。また、アクネ菌を殺菌したり、皮脂の生成バランスを保ったりする作用もあるので、防止策にもなります。活性酸素が増え過ぎるとニキビがエスカレートして、ニキビ跡として残ってしまうので、活性酸素をブロックするのは大事な事です。

 

そして、脂質の代謝を向上させる成分としてはビタミンB2があります。皮脂の生成状況が整い、ニキビが生じにくい皮膚になっていきます。そして、皮膚のターンオーバーを整える成分としてはビタミンB6があり、こちらもニキビに効きます。

 

このように、ビタミンサプリメントは、色々なものが摂取できるものが良いという事が分かります。ですから、マルチビタミンサプリメントを飲むようにしましょう。
豊富に配合されていて、きちんと効いてくれるものを注意して厳選してください。

 

・ビタミン摂取量の目安は?

 

様々な種類のビタミンが存在しますので、可能な限りまんべんなく摂取するように心掛けて下さい。

 

1日の目安摂取量は、ビタミンB6が2ミリグラムで、ビタミンB2が1ミリグラムで、ビタミンCは80ミリグラムといったところです。これに近いサプリを使いましょう。特にビタミンCはフルーツや野菜にも豊富に入っているので、足りなくなる事はないはずです。

 

ですが、ビタミンCは吸収効率が高く、たくさん摂っても吸収し切れない分は尿として外に出るので、こまめに摂る必要があります。喫煙を良くする人や、ストレスが溜まっている人はビタミンの消費量が多くなるので、気を付けましょう。

 

皮膚の新陳代謝を促すビタミンAに関しては、700μg程度となっています。これを摂り過ぎるのは危険なので、食材で摂ってサプリは使わないようにした方が良いと思います。

 

ビタミンEには抗酸化効果があり、目安は6ミリグラム程度。
ビタミンDには、ニキビ細胞の繁殖をブロックする効果があり、目安は5.5μgとなっています。

ニキビ薬とサプリメントの違い

サプリメントはあくまで食品であって、薬には該当しません。

 

ニキビに効くと言われているビタミンC含有のサプリには、皮膚のコラーゲン作りをサポートする効果があります。それによって皮膚の新陳代謝が向上し、毛穴の閉塞が起きにくくなります。また、サプリメントには炎症をブロックする作用もあります。

 

ですがサプリはあくまで食品ですので、薬とは異なり、素早く効くわけではありません。

 

継続使用する事で皮膚環境が改善して、ニキビが治っていき、そして再発しにくい健全な皮膚環境に近づいていくのです。

 

 

・ニキビの医薬品の作用と性質

 

サプリメントとは異なり、医薬品は素早く効きます。

 

医薬品には、細菌の繁殖や動きをブロックする滅菌効果や、ニキビの炎症をブロックする効果があります。

 

細菌が殖えて赤色の炎症が伴っている肌を、わずかでも早く元に戻したいという場合にお勧めです。

 

ただ、医薬品の場合は、細菌の増殖やニキビに伴う炎症をブロックするものが大半であり、まだ炎症にはなっていないニキビにはあまり効きません。

 

ですから、ニキビの防止や対策をしたいのであれば、ビタミンC含有のサプリメントも併用して、状態の良い皮膚に近づけていくようにしましょう。

 

ニキビにはサプリメントや医薬品が効くと言われていますが、作用が大きく異なる事もあるので、良く確認して目的に合う方を使いましょう。

ニキビ内服薬の紹介

・内服薬に関して

 

内服薬に含まれている抗生物質には、炎症をブロックしたり、ニキビの要因菌であるアクネ菌を殺菌してニキビを抑えたりする効果があります。

 

ミノマイシン、ルリッドなどが医療機関では主に処方されます。

 

・ミノマイシン

価格:1錠に付き51円程度

 

有用成分:テトラサイクリン類の抗生物質

 

主なターゲット:ホルモンバランスが原因のニキビや、赤ニキビ

 

企業:ファイザー

 

・ルリッド

値段:1錠に付き72円程度

 

有用成分:マクロライド類の抗生物質

 

主なターゲット:赤ニキビ

 

企業:サノフィ

 

 

これらを代表とするニキビケアの内服薬は、膿を伴うニキビや炎症を伴うニキビなどに特に有効です。

 

ただ、サプリメントとは異なり内服薬には副作用があります。抗生物質が原因で腹痛、胃もたれ、下痢などに襲われるケースがあります。

 

 

そして、薬局などでもニキビケアの内服薬を購入する事が可能です。抗生物質は入っていませんが、有効成分は入っているので、ニキビに効きます。「ペアa錠」等の知名度が高いと思います。

 

・ペアa錠

値段:1錠に付き25円程度

 

有用成分:グルクロノラクトン

 

主なターゲット:頬ニキビ、赤ニキビ

 

企業:ライオン

 

 

グルクロノラクトンには、肝臓機能を向上させて、ニキビを改善する作用があります。

 

ただし、腹痛、胃もたれ、下痢などの副作用が出る場合があるので気を付けましょう。

 

 

悪化したニキビには内服薬が有効ですが、口や顎の周囲や、肌荒れ程度の軽いニキビの場合は、サプリメントでも無理なく治りますし安全性も高いです。

 

ですから、軽いニキビの場合はまずはサプリを使いましょう。

 

※アクネ菌を殺してもビタミンが不足しているとぶり返してしまいます。ですが、サプリメントには防止作用もあるので、その点で見てもサプリメントの方がお勧めです。